カナダ 永住権申請

永住権を持って移民したい場合

永住権を持つ移民は、家族移民、事業移民、自主移民等に分類され、永住権の審査がそれぞれで変わってきます。カナダ国民や、永住権を持つ人がスポンサーとなると家族移民として申請、企業家や投資家である場合は事業移民、そしてそれ以外の多くの人は自主移民となり、技能労働者として申請することとなります。

 

発給にはポイント制度があり、それぞれの審査で獲得したポイント合計数の基準をクリアしなければなりません。審査項目は6つ。項目のひとつである、年齢での加点は変えられませんが、学歴や職業経験、語学力等でポイントを稼ぐことはできます。

 

詳しくはカナダ移民局で確認できるので、まず自分のポイント数を確認。そして、合格の目安である70点に足りなければ、向上を図り、足りている場合は、面接の準備を進めていくことになっていきます。書類、面接を含め、どれだけカナダに貢献できるかアピールが大事になります。そのためにも、なぜカナダでの居住を希望するのか、具体的な将来の目的をイメージし確認することが大切です。

 

申請書は全て英語かフランス語で書かれた書類、又は証明書付きのコピーのみ有効。

 

  • 写真4枚/パスポートサイズ
  • 有効なパスポート 
  • 申請料
  • 入国税
  • 出生証明書
  • 結婚証明書(別居、離婚の場合は関係書類)
  • 養子縁組証明書(該当者のみ)
  • 成績証明書(在学中の場合のみ)
  • 戸籍抄本
  • 卒業証明書
  • カナダ国内に移住している家族、親戚がいる場合はその証明書類
  • 資格証明書(申請書に書いた自分の職業に関する証明書)
  • 犯罪経歴証明書(無犯罪証明書)
  • 預金残高証明書
  • 職歴証明書 
  • 移民後の仕事が決定している場合や仕事依頼がある場合は、その雇用主からの書類