カナダで就職するには?

カナダで就職する方法とは

カナダで働く方法としてはカナダの会社に直接雇用してもらって就職する方法と、日本の会社に就職して駐在員としてカナダに滞在する方法と2つ挙げられますが、ここでは前者のカナダで就職する、ということについて書いていきます。
(初めてでも安心の駐在員として働くケースについてはTOPページ参照ください)

 

 

就労ビザの課題

まず、外国で働く際は就労ビザが必ず必要になってきますがカナダでもそれは例外ではありません。カナダの企業やショップ等で働く場合はビザの申請が必要になってきます。ビザは在日カナダ大使館(http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/index.aspx?lang=jpn)で申請が可能で申請書類と健康診断書と提出すればOKです。

 

ビザには3種類あり(就労ビザ/ワーキングホリデービザ/学生ビザ)また永住者も働くことが可能です。学生や観光しながらのカナダで働く目的でなければ一般的にはカナダで就職しようと思えば就労ビザが必要になってきます。カナダ現地採用を考えている方はまず観光ビザを使ってカナダへ渡航、現地の企業の求人を探し、履歴書を送って就職試験を受けるところからスタートとなります。

 

求人情報を探す課題

現地企業の採用情報を探すのには現地の邦字紙に目を通すのもOKです。また現地新聞を探すのも効果的。また特別なスキルや能力がない場合、職種にこだわりがない場合は街中の張り紙をあたるのもカナダで夢を叶える第一歩になりえるでしょう。それから最も大切で確度が高いのは人脈をたどることです。現地の日本人会やボランティア会に足を運んだり、事前にネットを使ってコンタクトをとっておくこと、仕事を探している事をアピールすることも大切です。

 

カナダで働きたい人、生活したい人には様々な夢や目的があることでしょう。とりえず仕事を先に決めて生活の基盤を作ることが先でも良いという柔軟性を持つことも大切です。それから日本人という特性を活かすか、自身の専門の学歴、スキル、職歴を活かせる場合は勿論その系統の会社や職種から探すのは採用の近道となります。企業への就職を狙う場合は人材紹介会社経由でカナダの求人を探してもらうのが確実性が高いといえますね。

 

たとえばリクルートエージェントは日系企業でカナダ進出の企業との取引数も多いことと、日本国内で就職活動が可能な点がメリットです。JACやアデコは現地企業も含めて求人を探す場合に有効活用できるでしょう。

カナダ現地採用と就労ビザ

カナダはアメリカと関係が蜜なのでアメリカの好景気の影響を受けてこれから景気がよくなっていくと予想されています。しかしながら日本人がカナダへの就職を目指す場合は厳しい状況にあります。というのも現在失業率は7%台で現地カナダ人の雇用機会を妨げない範囲で外国人を雇用することができる制度になっているためです。

 

就労ビザ・ワークパーミットの取得も難しく一定の条件が定められてます。学歴、英語力(TOEIC 600以上)、日本での専門の職歴などです。日本人ならではというメリットを活かせる職種であること、カナダ人の代わりが居ない事を説明する必要もあります。18歳〜30歳であればワーキングホリデー用のビザを活用して観光をしながらの働くという事は可能でもあります。

日本人が就職している業種や職種は?

駐在員としてではなく、カナダに設立された会社やショップ等で、日本人が就職しているような業種でいえば、旅行関係、日本食レストラン、貿易商社、メーカー系の企業が挙げられます。それから職種でみると旅行会社オペレーター、ツアーガイド、営業、経理、秘書などが多い様子です。この辺を狙っていくと確度も上がっていくでしょう。カナダでの求人探しについてはこちらのサイトも参考になるはずです。(http://カナダ求人.com/